top of page
【配信業務委託規約】

配信業務委託規約 私(以下「出演者」という。)とMORE GROUP合同会社(以下「当社」という。)は、ポコチャ(第2条におい て定義)というライブアプリの配信業務に関して、以下のとおり合意したため、本配信業務委託規約(以下「本契約」という。)を 締結します。

第1条(目的)  当社は出演者に対し、次条に定める業務を委託し、出演者はこれを受託します。

第2 条(委託業務) 当社は、出演者に対し、株式会社ディー・エヌ・エー(以下「DeNA」という。)が提供する「Pococha」(以下「ポコチャ」という。)というライブアプリへ の出演に関して以下の業務(以下「本件業務」という。)を委託します。

第3条(対価)
(1)当社は、出演者に対し、出演料その他一切の本件業務の対価として、出演者が獲得した獲得ダイヤ数の100%の金額の金員を支払います。なお、「ダイヤ」とは、 出演者がポコチャの出演中において、ポコチャの利用者が当該出演者に対して消費したデジタルコンテンツのポイントを意味するものとし、1ダイヤは、金1円と換算します。本項に おける計算において生じた1円未満の端数については切り捨てとします。
(2)本件業務の遂行のために必要となる出演者の人件費、資材費、旅費、宿泊費その他の諸費用は、前項の対価 に含まれるものとし、出演者は別途それらの諸費用を当社に請求することはできません。但し、前項と異なる定めがある場合はその定めによるものとします。
(3)当社は、出演者に対 し、第1項に定める金額の金員(消費税込)を源泉徴収税徴収後、当月末日締めにて翌月末日迄に、出演者が指定する金融機関口座に振り込む方法により支払います。振込手数料(税込160円) は出演者の負担とします。
(4)出演者は、本条で定められた報酬については、当社とDeNAその他ライブアプリの提供会社(以下、プラットフォームという。)との契約内容の変更等の 理由により変更する可能性があることを予め了承します。
(5)前項の報酬改定については、当社が出演者に変更の1週間前までにLINE、Instagram等の電磁的方法により通知するもの とし、通知後、1週間経過以降に出演者がポコチャにおいてライブ出演を行った場合には、出演者は改定後の報酬に同意したものとみなすものとし、当該改定後の報酬が当然に適用 されるものとします。
(6)出演者は、出演者のポコチャにおけるお支払い時点での年間合計獲得ダイヤが50000ダイヤ未満の場合、または出演者の活動が長期間見込まれないと当社が合理的に判断した場合(たとえば、一定期間内に一定回数の配信がない場合)、出演者が獲得した「ダイヤ」相当分の金額の金員が支払われないことを了承します。
(7)出演者は、出演者が本契約第5条における禁止行為に該当した場合、出演者が獲得した当月の『ダイヤ』相当分の金額の金員が支払われないことを了承します。
(8)出演者は、当社との利害関係において、当社のサービスを利用した出演者が当社に損害を及ぼす行動や業務放棄を行なった場合、当社に合理的な損害が発生したとき、出演者が獲得した「ダイヤ」相当分の金額の金員が支払われないことを了承します。
(9)出演者は、出演者が獲得した「ダイヤ」の実質的な所有者は当社であることを認識し、了承します。本件配信業務委託において、出演者の獲得した「ダイヤ」相当分というのは、当社の合理的な判断に基づいて支払われることを了承します。
(10)当社は、出演者の希望に基づき、獲得した「ダイヤ」を100%換金率以外の方法で換金し、その金額を出演者に支払うことができることを、出演者はここに認識し、了承します。換金レートは当社と出演者間の協議により定められ、その結果は適切な書面に記載されます。
(11)本契約の本条における「合理的」な判断とは、当社が誠実かつ公正に、業界の標準、法律、経済的考慮事項、出演者との公正な関係、およびその他の関連情報に基づき、最善の知識と信念に従って決定した判断を指します。これには、状況を適切に評価し、可能な選択肢を考慮し、その中から最も適切と思われる選択肢を選ぶプロセスが含まれます。具体的な「合理的」な判断の詳細については、本契約の第16条に記載されています。


第4条(保証) 出演者は、当社に対し、以下の各号を表明し、保証します。 (1)当社、ポコチャ及びDeNAグループの運営するサービスの品位、声価、及びイメージを損なう、又はそ の虞のある行為を行わないこと。 (2)当社からSNSや口頭、電話などで共有された情報の一切の公表をしないこと (3)ポコチャ出演中の演者による行為等が法令及び公序良俗に違反し ないこと (4)当社、DeNAからの要請に対し迅速に対応すること (5)DeNAの定めるオフィシャルライバールールに従うこと

第5条(禁止行為) 出演者は、当社に対して、以下の行為を行わないことを約束します。 (1)当社が定めるライバーへの禁止行為 (2)違法薬物などを使用した配信 (3)顔出しをしない 配信 (4)公序良俗に反する発言(暴力的、卑猥なもの含むがこれに限られない) (5)DeNAが定めるPococha会員規約の違反行為 (6)第三者に対して本件業務を再委託する行為 (7)本 契約の契約上の地位又は本契約に基づく権利若しくは義務を第三者に譲渡する行為 (8)当社または第三者を誹謗中傷する行為、またそれをSNS等を通して投稿する行為 (9)その他、 当社が不適切と判断する一切の行為

第6条(秘密保持) 1 出演者は、開示を受けた情報(当社が提供する配信ノウハウに関する資料を含むがこれに限らない。以下「秘密情報」という)、本契約締結の事実を、善良 なる管理者の注意をもって管理するものとし、当社の書面による事前の承諾なしに、第三者に開示し複製又は本契約の目的以外に使用できません。なお、次の各号のいずれかに該当 することを、出演者が証明しうる情報は秘密情報にあたらないものとします。  (1)開示後に出演者の責に帰すべき事由によらずに公知となった情報 (2)出演者が第三者から守秘義務 を負わずに適法に入手した情報 (3)秘密情報によらずに出演者が独自に創出した情報 2 前項の定めにかかわらず、出演者が裁判所、捜査機関その他の第三者に対する秘密情報の開示 を法令により義務付けられた場合には、当社に対してその旨を事前に通知したうえで、当該義務の範囲において秘密情報を開示することができるものとします。 3 出演者は、本契 約の契約期間が終了した場合、当社から受領した秘密情報が不要となった場合、又は当社から要求があった場合には、当社の秘密情報及びその複製物を、当社の指示に従い遅滞なく 当社に返却し又は廃棄若しくは消去します。 4 本条に定める出演者の義務は、期間満了、解除その他の事由による本契約の終了後1年間存続します。

第7条(契約期間) 

1.本契約の有効期間は、本契約に合意した日から1年間とします。但し、契約期間満了の7日前までに当社又は出演者より何らの申し出がない場合には、本契約 は、同一条件でさらに1年間更新するものとし、以後も同様とします。

第8条(解除) 
1. 当社は、出演者が次の各号のいずれかに該当する場合、何らの催告なくして、本契約の全部又は一部を解除することができます。 (1) 出演者が本契約を履行せず、又は履行する見込みがないと当社が判断したとき (2) 出演者による本件業務の遂行が不完全であり当社が本契約を締結した目的を達することができないと判断したとき (3) 不正の行為をなし、当社の従業員の職務の遂行を妨げたとき (4) その他、当社が合理的根拠に基づき不正と判断したとき(5)当社と出演者の双方が本契約の解除に同意した場合。
2 .前項に基づく契約解除は、出演者に対する損害賠償請求を妨げるものではありません。

第9条(解約) 
1. 当社は、合理的な判断により本契約を解約する必要が生じた場合は、第9条の規定に関わらず、7日前までに、出演者に通知することによって本契約の全部又は一部を解約できます。

第10条(損害賠償)  
1.当社及び出演者が本契約の定めに違反して相手方当事者に損害を与えた場合には、その一切の損害についての賠償責任を負うものとします。
2.出演者は、本契約に基づく義務を違反したり、または本契約に関連する行動または不作為によって当社に対して損害を引き起こした場合、その損害を賠償する責任を負います。なお、出演者が本契約に違反した場合、または本契約に基づく業務を遂行する過程で過失があった場合には、その過失により当社に生じた直接的かつ現実的な損害に対して賠償の責任を負います。
3.当社は、出演者に対して本契約に基づく義務を違反したり、または本契約に関連する行動または不作為によって出演者に対して損害を引き起こした場合、その損害を賠償する責任を負います。ただし、当社が本契約に違反した場合、または本契約に基づく業務を遂行する過程で過失があった場合には、その過失により出演者に生じた直接的かつ現実的な損害に対して賠償の責任を負います。

第11条(反社会的勢力の排除) 1 当社及び出演者は、本契約締結日において、相手方に対して、自己及び自己の委託先並びにそれらの作業員が、次の各号のいずれにも該当しな いことを表明し保証するとともに、将来にわたっても、自己がこれらの者に該当しないことを誓約します。 (1)暴力団 (2)暴力団員 (3)暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者 (4)暴力団準構成員 (5)暴力団関係企業 (6)総会屋等 (7)その他第1号乃至第6号に準ずる者 (8)第1号乃至第7号までのいずれかに該当する者(以下「反社会的勢力」という。)が経営を 支配していると認められる関係を有すること (9)反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められる関係を有する こと (10)自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目 的又は第三者に損害を 加える目的をもってするなど、不当に反社会的勢力を利用していると認められる関係を有すること (11)反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供 与するなどの関与 をしていると認められる関係を有すること (12)役員又は経営に実質的に関与している者が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること 2 当社及び 出演者は、前項に定める表明保証が真実でなかった場合又は相手方が前項に違反した場合には、何らの催告なくして、直ちに本契約の全部又は一部を解除することができるものと し、これにより自己が被った損害、損失又は費用等について、相手方に対して賠償又は補償を請求することができるものとします。

第12条(下請法の適用) 1 出演者は、本件業務の委託が下請代金支払遅延等防止法(以下「下請法」という。)の適用を受ける場合、下記に定める条件で下請法
第13条第1項の 規定による書面の交付に代えて電磁的記録の提供を受けることを承諾するものとします。  (1)電磁的記録の提供の方法及び種類:電子メール  (2)費用負担の内容:関連機器及びソフ トウェア購入費用、通信費用 2 前項の規定にかかわらず、出演者より当社に対して電磁的記録の提供を受けない旨の申出があった場合には、当社は当該申出以降に締結された下請 法の適用を受ける本件業務の委託について下請法第3条第1項の規定による書面を交付するものとします。

第13条 (アカウントの管理) 
1. 出演者はポコチャのアカウントのデーターを当社と共有するものとします。
2.当社が発行するポコチャのアカウントの実質的な所有者は、当社とすることが定められます。
3.当社がポコチャのアカウントの管理を遂行するのは、運用目的の一環であり、個人のプライバシーを侵害したり、他の個人を侵害する目的で使用してはならない。

第14条(業務支援)

当社は、出演者に対し本件業務を適切に遂行するための支援を提供します。具体的には、以下の業務支援を行います。
(1) 配信活動における情報提供:当社は、出演者が自身の配信活動を効果的に展開できるよう、業界のトレンド、視聴者の嗜好、成功した配信戦略など、配信活動における有利な情報を提供します。

(2) 配信活動外での支援:当社は、配信活動以外でも出演者を支援します。これには、技術的な問題の解決、税務的なサポート、ダイヤを利用した景品との交換、ダイヤの最適化などが含まれます。
(3) その他の業務:当社は、出演者の配信活動が成功するために必要と判断した場
合、上記に挙げた業務以外の支援も提供します。具体的な内容は、出演者のニーズや市場の状況に応じて変わる場合があります。

第15条(業務支援に関する返金)

  1. 当社から何らかの業務支援を受けて利益を得た出演者が、契約から1年以内に契約解除を行った場合、または活動が著しく見込めないと当社が判断した場合、出演者は当社に対して、利益を受けた業務支援相当分の返金を行うものとします。

  2. 返金は、当社が指定する方法と期限に従って行われるものとします。具体的な返金方法と期限は、当社が別途出演者に通知するものとします。

  3. 出演者が本条項に違反した場合、当社は出演者に対して違約金を請求することができるものとします。違約金の額は、当社が別途定めるものとします。


第16条(合理性のガイドライン)

基準の設定: 出演者が当社と協力的な関係を維持せず、自己の利益のために業務を一方的に放棄した場合を明確に定義します。
例:「当社は、出演者が当社との協力的な関係に貢献せず、金銭的利益のみを目的として契約し、一方的な判断で業務を放棄した場合には、合理的な判断を行います。」

プロセスの説明: 当社がどのようにその状況を評価するかを明確にします。
例:「そのような状況が発生した場合、当社は詳細な調査を行い、出演者の行動についての情報を収集します。このプロセスは、出演者からの声明や証拠、第三者からの情報などを包括的に考慮します。」

1.「合理的」な判断とは、事実に基づき、情報を分析し、複数の選択肢を評価した上で、最適な解決策を選ぶプロセスを指します。当社は、このプロセスを通じて、状況に適した結論を導きます。
2.当社は、「合理的」な判断をするために、すべての関連する事実と情報を集め、これらを評価します。その評価は、業界標準、法律規定、経済的な考察、出演者の権益などの観点から行われます。
3.「合理的」な判断とは、公平かつ公正に行われるものであり、無関係な個人的な感情や偏見によって左右されるものではありません。当社は、出演者の権益と公益をバランスよく保つために、この原則に従って行動します。

第17条(合意管轄) 本契約は日本法を準拠法とし、本契約に関する一切の紛争は、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
​制定 2023年4月1日
bottom of page